フロントフォークを新しくしたいので候補を挙げました

雨ですね。
ちなみに昨日も雨…

今年、ほんまに雨が多いですね。
週末ごとに雨でしたし。

先日の台風で被災された方の生活に大きな影響が無ければと願っております。


そんな雨の中でフト思いついたこと。

(雨が降る + ライドに行けない回数) × ストレス = 物欲の大きさ

この構図に陥る諸兄は多いのでは(笑)
そんなサトシも昨日からの雨でストレスが…

でも、11月17日(日)の菖蒲谷森林公園で開催されるショートダウンヒル(龍野市マウンテンバイク協会主催)にエントリーできるかもしれないので少しテンションは上がっております!!

そのテンションの中、フロントフォーク買い替え欲が急激に高まっています(笑)

いや、実際に買えないですよ。
買ったって17日には間に合うかとか、絶対レースに出られるとか決まってないんです。

しかし、ずーっとフロントフォークには不満が…
完成車の価格考えたら当然なんですが、やはり気になる。

マウンテンバイクとして一番の核心。
走りに直結する重大なパーツ。
真剣に考えることは罰ではない。


サトシ的主観かつ現実的に考えますので、そこはご容赦ください。


そもそも、なんで買い替えたいのか


サトシが現在乗っている〈2019Kona BigHonzo DL〉のフロントフォークは〈Rockshox Sektor〉がデフォルトでついていました。

Sectorの使っている感想です。
・初期の動きはスムーズ
・重さは感じない
・セッティングはリバウンドのみでシンプル

でも…
・32㎜インナーチューブでは剛性が足りない印象(2018年BigHonzoDLにはREVELATIONでインナーチューブ34㎜だったよーな…)
・初期の動きはスムーズでも、底が浅くて粘りが無い
・リバウンドの調整は少しの変更で極端な変化も


というサトシ的感想。

全然悪い感じはしないんです。
価格帯を考えたら、そういうことにもなるでしょう。

でも、物足りないんです。
そんな気持ちでライドしてても面白さ半減かも。

なので、フロントフォークの買い替えをするんです。(経済面+妻の許可次第で…)

買い替えの条件は??


これについては以下のように整理しました。
・剛性アップ→インナーチューブは34㎜以上
・ストロークは130㎜~140㎜で(デフォルトは130㎜)
・税込みで10万円以下


現実的なところです。
特に3つ目(笑)

以前はFOXも使ってました。
サイコーでした。
もう、何も不満はありません。


しかし、10万オーバーは苦しい。
もちろん、もういっちょお金を出せるのであればFOXにすると思います。
でも、そのちょっとが苦しい…

もちろん、他メーカーを使ってみたいという気持ちもあるので。

あとは手に入りやすいかどうかとアフター、ここ非常に大事。

で、ひとまず出した結論です。

第一候補:マルゾッキBomberZ1


これが大本命。
156163950108522361177.jpg

これをセレクトした理由です。
・FOXクオリティのもとで製造、管理されている→過去に色々あったんでしたっけ??
・36㎜インナーチューブ→剛性バッチリサトシがそこまでいるかはわかりません(笑)
・ロースピード側のコンプレッション調整&リバウンド調整が可能→頑張って自分にあうセッティングが出せるようになりたい
・ストローク長をエアピストン交換で変更可能→フレーム買い替えにもバッチリ。
・51㎜オフセットがラインナップ→Kona BigHonzo DLとの相性は??
・価格80,000円(税別)→バッチリ予算内


隙無しです、はい。

サトシも探してびっくりしました。
「これでいいやん」と。

でも、それだけやと悩む楽しみが減るので少し考えました(笑)

希望的にはこの色が欲しかった。
156163951866176463177.jpg

ストローク170㎜でしか出してないんですねー。
29インチでそこまでロングストローク対応のフレームってあるんですね。

第二候補:マルゾッキZ2


第一候補がマルゾッキなら、2番手もいってしまいましょう。
156465956079971929663.jpg

・インナーチューブは34㎜
・ロースピード側のコンプレッション&リバウンド調整機能はBomberZ1と同じ
・価格58,000円(税別)


この価格は本当にありがたい!!

Z1と比較することができれば、間違いなくZ1にするでしょう(笑)
しかーし、予算だったりするとこれも選択肢に。

少なくとも34mmチューブで剛性アップと、コンプレッション&リバウンドの調整機能に関してはサトシ的には十分なメリット。
自分にあうセッティングを出すこともしていきたいと思っていました。

なので、第2候補として名乗り出ております。

第三候補:ロックショックスREVELATION RC BOOST


これに関してはちょっと悩んで出した感があります(笑)

というのも、他に選択肢が無かったということもあるので…
ですが、信頼の高いRockshoxは無視できません。

そして、第三候補に名乗りを挙げたのが〈REVELATION RC Boost〉です
・35㎜チューブで剛性アップ
・ロー側のコンプレッション&リバウンド調整
・ストローク長は120㎜、130㎜、140㎜から選択(ストローク長はピストン交換で可能かな??)
・価格は85,000円(税別)


うーん、悪くないんです。ひとつも。
でも、これといって目立つ感じもしない(笑)

〈Pike〉だったらもう少しサトシ的な盛り上がりもあったんですが、115,000円(税別)は…
もちろん、調整機能の充実などそれに見合った価格なんでしょうが、そこは使いきれる自信がサトシにはありません(笑)

Rockshoxは通っているショップで購入しやすかったりとメリットも大きいので、REVERATIONは第三候補として堂々のキープ。

サトシ的まとめ


フロントフォークってマウンテンバイクの象徴でもあるパーツであり、また走行において大きく左右するパーツでもあります。

工業品としての技術の結晶とも言えるパーツではないでしょうか。

なので、価格が高い!!

簡単には買い替えられないですよね…

それでも、自分がどういったスタイルでライドしたいかが明確になってくると、それに合わせたパーツを選択する必要もあるのでしょう。

可能な範囲で投資することで、よりマウンテンバイクライフが充実すると思い込んでいます(笑)

パーツが変わることの違いが分かるライダーになりたい!!
でもって、ライドをより楽しみたい!!

だから、近いうちにフロントフォークは買い替えます!



ちゃんとお金貯めて妻の許可を得るという正規の手続きを踏んで(笑)


この記事へのコメント

スポンサードリンク